コラム

モニターアームについて解説! 選び方やおすすめをご紹介します!

モニターの台座のせいで、デスクが狭いと感じていませんか?

モニターアームを使えば、モニターが複数枚でも、広々とした快適なデスクになります。

何をするにしても、デスクは広い方が良いに決まっているので、モニターアームを使わない理由はありません!

ということで今回は、モニターアームの選び方からおすすめまで、できる限りわかりやすく解説しました!

これからモニターアームを購入される方の参考になれば幸いです!

モニターアームとは

モニターアームとは、モニターをデスク(または壁など)に固定するための器具のことです。

モニターアームを使うと、モニターの角度や高さ、位置を自由に調節できるようになる上、台座を使う必要がなくなるので、デスクの省スペース化が可能になります。

特に、マルチモニターの場合は必須と言って良いほどで、あるのとないのとでは、快適さがまるで違います。

以下で、モニターアームを選ぶ際に、重要なポイントをご紹介します!

モニターアームの選び方

取付方法

取付方法は、デスクの天板を挟み、ネジで固定するクランプ式が一般的で、ほとんどのモニターアームが採用しています。

しかし、天板の厚さや、デスクの形状によっては、クランプが使えないこともありますので、注意が必要です。

耐荷重

モニターアーム自体の耐荷重はもちろんですが、デスクにも注意が必要です。

金属製のアーム分、重量が増している上、クランプに集中して荷重がかかるので、やわい天板だと、へこんだり、たわんだり、最悪の場合、割れる危険性があります。

特に、マルチモニターにする場合、デスクの剛性にも注意しましょう。

さもないと・・・

いかんでしょ

これは、私のデスクですが、クランプの荷重によって天板がへこみ、モニターアーム全体が、大きく前傾してしまっています・・・。

おそらく、天板の中身がスカスカなんでしょうw(笑い事ではない)

正直、今にもバキッといきそうで、毎晩眠れぬ夜を過ごしています。

こうならないためにも、デスクの剛性には、くれぐれもご注意を・・・。

ちなみに、私のような愚か者のために、こんな製品もあります。

まあ、へこんでからでは遅いんですけどね。

もっと早く知りたかったよ・・・

可動域

水平・垂直タイプ

縦・横・斜めに自在に位置調整が可能なタイプで、価格は高めですが、モニターの位置を頻繁に変えたい方におすすめです。

水平タイプ

高さは固定で、水平方向に位置調整が可能なタイプです。

ゲームや座り仕事の場合は、モニターの高さを頻繁には変えないでしょうから、安価な水平タイプがおすすめです。

垂直タイプ

前後に位置調整が可能なタイプです。

スタンディングデスクなどで、立って仕事や作業をされる方に適しています

VESA規格

ほとんどのモニターアームは、VESA75とVESA100の両方に対応していますが、念のため確認しておきましょう。

VESA規格とは、液晶ディスプレイやテレビなどの映像機器を、壁掛け金具・アーム・スタンドなどに取り付ける際に使うネジ穴の間隔について定められた国際標準規格のことです。

ネジ穴の縦×横の間隔サイズが規格として定められており、「100×100mm」などのように表記されます。
VESA規格に対応した製品であれば、様々な製品の中からどれを選んでも問題なく取り付けることができます。

12~24インチの薄型ディスプレイ・テレビ用の標準規格として、75×75mm(VESA75) / 100×100mm(VESA100)の2つの規格が使用されています。

引用元:VESA規格とは | サンワサプライ株式会社

モニターアームを取り付ける場合、モニターとモニターアームが同じVESA規格に対応している必要があるので、しっかり確認しておきましょう。

おすすめのモニターアーム

水平タイプ

ゲームや座り仕事の場合は、モニターの高さを頻繁には変えないでしょうから、安価な水平タイプがおすすめです。

水平・垂直タイプ

エルゴトロン製品は、価格は高いですが、非常に軽いタッチで位置調整ができ、デザインも洗練されています。

まとめ

シングルモニターならまだしも、マルチモニターになると、台座だけで相当なスペースを占有してしまいますし、見た目も野暮ったくなってしまいます。

モニターアームを使って、すっきり広々としたデスクにしましょう!