MENU
papi
ブログ運営者
興味深い。笑える。あるいは為になる。
読み物として面白いブログでありたい。
そんなことを常に考えています。
 

【なんでもアリ】もはや言ったもん勝ちな『ゲーミング〇〇』について

     

ゲーミング〇〇とは、ゲーム関係の製品にありがちな、「ゲーミング」というワードの付いた製品のことです。

正しい呼称が分からなかったので、とりあえずそう呼ぶことにします。

ゲーミング〇〇は、定義が曖昧がゆえに、言ったもん勝ちみたいなところがあるので、「ゲーミング〇〇ってなんだよ」とつっこみたくなるような製品が、数多く出回っています。

(なんでもかんでもゲーミングってつければいいってもんじゃねえぞ・・・!)

今回は、そういった製品をイジりながら、ゲーミング〇〇について思うことを書いていきます。

メーカーさんに喧嘩を売るわけじゃないです。許して下さい!何でもしますから!

この記事の内容

ゲーミング水筒ってなんだよ

言わずと知れた、ゲーミングデバイスメーカーのRazerから発売されている、こちらのRazer Hydrator

ただの水筒にしか見えないが・・・?

ただの水筒にしか見えませんが、ただの水筒です。

Razerは、この水筒の他にも、キャップ(帽子)やバックパックをゲーミングギアとしてカテゴライズしていますが、グッズではダメなんですかね?

以下は、公式サイトからの引用です。

仮想の世界をいくつ守ったとしても、一番大切なのは地球で私たちがどんな行動をするかということです。一回きりの使い捨てペットボトルからこの 100% リサイクル可能なアルミ製ウォーターボトルリサイクル可能なポリプロピレンキャップを使用しています(更に環境に配慮したパッケージを使用)に切り替えて、水分補給をしながら環境を保護しましょう。みんなで協力して何世代にもわたってゲームが楽しめる世界をつくりましょう。

Razer

>みんなで協力して何世代にもわたってゲームが楽しめる世界をつくりましょう。

ここで無理やりゲームに絡めてきた感は否めませんが、水筒としての機能以上のことは書いていないので、ネタとしてはいまひとつ。

ゲーミングシューズってなんだよ

続いては、スポーツ用品メーカーのPUMAから発売されている、こちらのActive Gaming Footwear

ただのシューズにしか見えないが・・・?

ただのシューズにしか見えませんが、ただのシューズでs・・・というわけではないようです。

以下は、公式サイトからの引用です。

In extensive talks with professional gamers we uncovered the need for a sock-like shoe; one that is comfortable, lightweight and grippy.

PUMA

翻訳するとつまり、「プロゲーマーとの幅広い協議の結果、快適、軽量で、滑りにくい靴下のような靴の必要性が明らかになった」らしいです。(マジ?)

また、以下は、販売サイトからの引用です。

商品情報

世のゲーマーの為にデザインされたゲーミングソックス、アクティブゲーミングフットウェア。室内用の当アイテムは、圧迫感がなく快適なフィット感を提供する靴下の様なアッパーと、滑りにくいグリップ力のあるソールが特徴です。Eスポーツプレイヤーがゲームに集中し、様々なゲームの場面で最高のパフォーマンスを発揮できるよう考慮。当アイテムによって、プーマとeスポーツの歴史が大きく動き出します。

プーマ公式オンラインストア

>Eスポーツプレイヤーがゲームに集中し、様々なゲームの場面で最高のパフォーマンスを発揮できるよう考慮。当アイテムによって、プーマとeスポーツの歴史が大きく動き出します。

ほーん?で、特徴は?

特徴

SEEKモード: 足の内側を包み込むようなグリップ力の探索モード
ATTACKモード: サイドの動きをサポートする攻撃モード
CRUISE/DEFENSEモード: かかとを安定させる巡航/防衛モード

プーマ公式オンラインストア

>SEEKモード: 足の内側を包み込むようなグリップ力の探索モード

>ATTACKモード: サイドの動きをサポートする攻撃モード

>CRUISE/DEFENSEモード: かかとを安定させる巡航/防衛モード

??????????

つまり、これ履くだけで、探索も攻撃も巡航(!?)も防衛もできちゃうんだから、もうヘッドセットもマウスもキーボードもいらないってことなのかな?

てか巡航ってどこに行くんですかねえ・・・

ゲーミング着る毛布ってなんだよ

最後は、「ゲーミング家具」という、前衛的な製品のメーカーとして知られる、Bauhütteから発売されている、こちらのゲーミング着る毛布

もう既に意味が分からない

以下は、公式サイトからの引用です。

ストレッチ生地で超進化!
チート性能のゲーミング着る毛布

CONCEPT
『伸びるゲーミングウェア』
大好評の「ゲーミング着る毛布 ダメ着4G」が、2020年度版最新モデルになって今冬も登場!

ストレッチ性を備えたベロアフリース生地が、腕の動きになめらかにフィット。
もたつきにくいスマートな設計で、大きなマウス操作・繊細なエイムにも対応します。

あらゆるプレイスタイル・ゲーミングデバイスとの相性を極限までに高めた、
“ゲーマーの身体に馴染む”着る毛布です。

Bauhütte
なるほど、確かに快適そうではある

着たままトイレシステム5.0
「トイレに行く時間すら惜しい」そんなゲーマーの為、最小限の手間で用を足すことができる最先端のシステムを搭載。2020年度モデルではジッパーをプラスチック製→金属製へとグレードアップし、よりスムース&スピーディな”尻出し・尻片付け”を実現します。
※タイトなサイズの場合,「着たままトイレ」しにくい場合があります。サイズ選びには予めご注意下さい。

Bauhütte
コラみたいだろ。公式なんだぜ。これで。

素直に草です。

>「トイレに行く時間すら惜しい」そんなゲーマーの為、最小限の手間で用を足すことができる最先端のシステムを搭載。

>スムース&スピーディな”尻出し・尻片付け”を実現します。

うーん、この説明。

てか、ゲーミング着る毛布のラインナップに、ゲーミングメガネとかゲーミングソファとか、挙句の果てにはコスプレスーツケースまであるし、もうめちゃくちゃだよ。

色々とつっこみどころが満載ですが、Bauhütte製品自体の実用性は高そうですし、発想や着眼点もおもしろいです。

特に、ゲーミングデスクのレイアウト等は参考になりますし、注目すべきメーカーだと思います。(媚)

まとめだよ

上記製品は、あくまでも一例であり、その性能や製品自体を否定するわけではありません。

ただ昨今、ゲーミング〇〇という製品が数多く出回るようになり、ゲーマーにとって何が本当に必要なものなのかを混乱させる要因になっているように思います。

では、何がゲーミング〇〇と呼ぶのにふさわしいのかと考えると、「他の〇〇で代用できるか、否か」が、1つポイントとなりそうです。

例えば、ゲーミングPCの代わりに、オフィスのパソコンでFPSができるかと言ったらできませんし、マウスやキーボードもまた然りです。

一方で、ゲーミングシューズでなくとも、ルームシューズでもゲームはできますし、ゲーミング着る毛布どころか、パンツ一丁でもゲームはできます。

なんなら、”尻出し・尻片付け”もこっちの方が早いです。

このように、代用できないもの」を考えると、やっぱり「デバイス」が適当なのかなという気がします。

そういう意味では、「ゲーミングデバイス」は、理にかなったネーミングと言えるかもしれませんね。



ご意見やご感想などは、お問い合わせまたはTwitter (@papillon_tw)にて承っております。

お気軽にご連絡くださいませ。

この記事の内容
閉じる