コラム

ゲーミングマウスについて解説!選び方や持ち方別のおすすめをご紹介します!

適当に選んだマウスで、ゲームをプレイしていませんか?

技術は一朝一夕では身に付きませんし、センスも必要ですが、デバイスはすぐにでも変えられます。

そして、自分に合ったデバイスを使うことで、スキルの底上げは可能です!

ということで今回は、ゲーミングマウスの選び方から、人気の定番マウス、持ち方別のおすすめマウスまで、できる限り分かりやすく解説しました!

これからゲーミングマウスを購入される方の参考になれば幸いです!

なお、今回ご紹介するゲーミングマウスは、FPS用を前提としていますので、あらかじめご了承ください。

ゲーミングマウスとは

ゲーミングマウスに明確な定義はありませんが、ひとまず、1ドット単位で精密な操作が要求されるPCゲーム用に特化した、高性能・高機能マウスと解釈しておけば良いでしょう。

センサーの性能が非常に良い

クリックの応答速度が非常に速い

高DPIに対応し、DPIを細かく調整できる

ボタンの数が多く、自由にコマンドを割り当てることができる

やたら光る

特に、センサーの性能が重要で、IPS(Inch Per Second)やLoF(Lift  off Distance/リフト オフ ディスタンス)などに影響を及ぼします。

IPS・・・マウスが1秒間に読み取れる移動距離のことで、トラッキング速度とも言う。

この数値が高いほど、高速でマウスを動かしてもポインタが正確に動きます。

LoF・・・マウスを持ち上げた際に、センサーが反応しなくなるまでの距離のこと。

この数値が低いほど、マウスを浮かせて移動させる際(特にFPSで、マウスパッドの端に行ったマウスを中心に戻す際)のポインタのズレが少なくなります。

ゲーミングマウスのセンサーは、これらの数値が非常に優秀なため、高速でマウスを振ったり、浮かせたりしても、精密なポインタ操作ができるのです。

ゲーミングマウスの選び方

ゲーミングマウスを選ぶ上で、最も重視すべきポイントは、「しっくりくるか、こないか。」これに尽きると私は思っています。

というのも、主要メーカーの最新製品ならば、体感できるようなセンサーの違いはないので、形状や重さ、クリック感などが、しっくりくるマウスを選べば良いのです。

ゲーミングマウスを実際に触れないで買うのは、服や靴を試着せずに買うのと同じことなので、できることなら、店舗で実際に触れて、しっくりくるものを選びましょう!

ということで、「しっくりくるマウス」を選ぶ際に、重要なポイントをご紹介します!

形状

ゲーミングマウスの形状は、おおまかに左右対称型か、非対称型かで分かれ、マウスの持ち方と密接な関係があります。

かぶせ持ち・・・手のひら全体をマウスに付ける持ち方。左右非対称マウスと相性◎
つかみ持ち・・・かぶせ持ちから指先を立てたような持ち方。
つまみ持ち・・・指先だけでマウスを持つ持ち方。左右対称マウスと相性◎

重さ

「ゲーミングマウスは、軽さが正義」と言っても過言ではないほど、重さが操作性に直結します。

最近流行りのハニカム構造マウスは、その最たる例です。

画像引用元:Amazon

特に、頻繁にマウスを持ち上げなければならないローセンシプレイヤーにとって、重いマウスは苦痛でしかありません・・・。

個人差や性別によっても変わりますが、90g以下は軽い、91~100gは普通、101~110gはやや重く、それ以上は明らかに重い印象です。

クリック感

クリック感については、スペックの記載も、数値化もされていないため、本稿では、クリックするために必要な、力の強さ」と定義し、便宜上、「重い・軽い」と表現することにします。

クリック感は、軽い方が好まれる傾向にありますが、同じマウスでも、持ち方によって感覚が変わってきます。

指先が寝ているかぶせ持ちよりも、指先を立てるつかみ持ちや、つまみ持ちの方が、力を入れやすいからです。

接続方式

一昔前までなら、「ゲーミングマウスにワイヤレスはありえない」という認識が一般的でしたが、最新のワイヤレスゲーミングマウスに、入力遅延や接続切れは、まずありません。

また、ロジクール G PROや、Razer Viper Ultimateのように、ワイヤレスでありながら、80g以下の超軽量マウスも登場しつつあります。

更に、ロジクール G304のような、安価で高性能なワイヤレスマウスの登場により、ケーブルがわずらわしい有線接続のメリットは、もはや充電が不要なことくらいで、ゲーミングマウスの主流は、ワイヤレスに移行しつつあります。

ゲーミングマウスの主要メーカーと人気マウス

ロジクール

画像引用元:Amazon

Razerと双璧をなす、ゲーミングデバイスメーカーの雄です。

特にゲーミングマウスにおいては、それまでのワイヤレスに対する常識を覆したG900以降、次々と革新的なワイヤレスゲーミングマウスを開発しています。

G PRO Wireless

形状左右対称
接続方式無線
センサーHERO 16K
サイズ125×63.5x40mm
重量80g
DPI100 – 16000
重さクリック感適した持ち方
非常に軽いやや軽いつまみ/つかみ

プロゲーマーの仕様デバイスをまとめた海外のサイト、ProSettings.netによると、使用率ナンバーワンを誇る、ロジクールが生み出した最高傑作です。

参考:Best Mouse for Gaming

超軽量・小型で、癖のない左右対称形に加え、両サイドがややくぼんだ形状は、指先で側面を支える、つまみ持ちに最も適しています。

一方で、幅狭で高さが低いため、かぶせ持ちには、やや不向きかもしれません。

G903H

形状左右対称
接続方式無線
センサーHERO 16K
サイズ130×67x40mm
重量110g
DPI100 – 16000
重さクリック感適した持ち方
重いやや軽いつまみ/つかみ/かぶせ

ワイヤレスゲーミングマウスの先駆けとなった、G900の後継機です。

全体的な形状は、G PROに似ていますが、G PROよりもやや大きめで、幅広な分、かぶせ持ちも対応できます。

11個のカスタマイズ可能なボタンを備える多ボタンマウスでもあります。

欠点としては、G PROよりも30gも重く、G PROの陰に隠れている理由は、その重さであると言えるでしょう。

G703H

形状左右非対称
接続方式無線
センサーHERO 16K
サイズ124×68x43mm
重量95g
DPI100 – 16000
重さクリック感適した持ち方
普通やや軽いかぶせ

手のひらに吸い付くようなエルゴノミックデザインが特徴の、いわゆる「IE3.0クローン」と呼ばれる、左右非対称マウスです。

手のひら全体でホールドすることを前提としたデザインとなっているため、かぶせ持ち用マウスと言っても過言ではないでしょう。

RazerのDeathAdder Eliteと形状や大きさが似ているので、よく比較されますが、一番の違いは、G703はワイヤレスだという点です。

ワイヤレスの快適さは、何物にも代えがたいため、DeathAdder EliteからG703に乗り換える方も少なくありません。

Best Mouse for Gamingでは、DeathAdder Eliteを抑えて4位につけています。

G502WL

形状左右非対称
接続方式無線
センサーHERO 16K
サイズ132×75x40mm
重量114g
DPI100 – 16000
重さクリック感適した持ち方
重いやや軽いかぶせ

11個のカスタマイズ可能なボタンを備えた、多ボタンマウスの代表格です。

FPS用としては、11個のボタンはオーバースペックですし、何より重いので、どちらかと言えば、MMO向きと言えるかもしれません。

G304

形状左右対称
接続方式無線
センサーHERO
サイズ116.6×62.15×38.2mm
重量99g(電池込み)
DPI200 – 12000
重さクリック感適した持ち方
普通軽いつまみ/つかみ/かぶせ

高性能ワイヤレスゲーミングマウスでありながら、4000円台という、破格の安さがウリのG304。

もちろん性能面は何も問題ありませんが、充電式ではなく、単三電池一本で駆動します。

また、ロゴはLEDではないので、光りません。

ゲーミングマウスには珍しい、白のカラーバリエーションがあるのも魅力の1つです。

手前にかけて広がる卵型の形状は、手のひらでホールドしやすいのですが、高さが低めなため、手が大きく、かぶせ持ちの方には、不向きかもしれません。

Razer

画像引用元:Amazon

ゲーミングデバイスというと、Razerを思い浮かべる方も多いでしょう。

斬新なデザインや、派手なLEDなど、ゲーミングデバイスに対するイメージは、ほとんどRazerによるものだと言っても過言ではなく、常にゲーマーの心を掴んで離さないそのセンスに、世界中に熱狂的なファンが数多くいます。

DeathAdder Elite

形状左右非対称
接続方式有線
センサー5G
サイズ127×70x44mm
重量105g
DPI100 – 16000
重さクリック感適した持ち方
やや重い軽いかぶせ

ゲーミングマウスの代名詞、定番中の定番、ゲーマーならば、その名を知らぬ者はいないほどの超有名マウスです。

2006年の初代Razer DeathAdderの発売以降、Razerの看板マウスとして、幾度もアップグレードを重ねられてきました。

ロジクール G703の際にも触れましたが、手のひら全体でホールドすることを前提に、デザインされているため、かぶせ持ち用マウスと言えるでしょう。

なお、かなり大きめのマウスなので、手の小さい方には不向きかもしれません。

Best Mouse for Gamingでは、G703に次ぐ5位です。

Viper Ultimate

形状左右対称
接続方式無線
センサーFocus+
サイズ126.8×57.6×37.8mm
重量74g
DPI100 – 20000
重さクリック感適した持ち方
非常に軽い軽いつまみ/つかみ

ロジクール G PROの対抗馬となりうる、超軽量・小型ワイヤレスです。

形状やコンセプトから、G PROを意識していることが、ありありと伝わってきます。

G PROよりも更に幅狭で高さが低いため、かぶせ持ちは厳しく、もっぱらつまみ持ち寄りの形状になりました。

更に、他のRazer Chroma対応デバイスと同期して光る、マウス充電ドックが付属します。

画像引用元:Amazon

こういうところが、Razerのうまいところだと思いますね。

Mamba Wireless

形状左右非対称
接続方式無線
センサー5G
サイズ125.7×70×43.2mm
重量106g
DPI100 – 16000
重さクリック感適した持ち方
やや重い軽いかぶせ

形状がよく似ている、DeathAdder Eliteよりは小さく、Zowie EC1-Aよりは大きい、中間サイズのようなエルゴノミックマウスです。

それでも、やや大き目なマウスであることに変わりはないので、手の小さい方には不向きかもしれません。

DeathAdder Eliteの形は気に入っているけど、もう少し小さければなあという方におすすめです。

Basilisk Ultimate

形状左右非対称
接続方式無線
センサーFocus+
サイズ130×60x42mm
重量107g
DPI100 – 20000
重さクリック感適した持ち方
やや重い軽いかぶせ

ロジクール G502によく似た形状の、多ボタンマウスで、こちらも11個のカスタマイズ可能なボタンを備えています。

G502よりは7g軽く、個人的にFPS用途としてはギリギリ許容範囲な重さだと思います。

たった7gの差ですが、実際に持ってみるとその差は明らかです。

Viper Ultimate同様、充電ドックが付属します。

Basilisk X HyperSpeed

形状左右非対称
接続方式無線
センサーFocus+
サイズ130×60x42mm
重量106g(電池込み)
DPI100 – 16000
重さクリック感適した持ち方
やや重い軽いかぶせ

こちらはBasilisk Ultimateの廉価版で、ほぼ1/3にまで安くなっています。

LED非対応で、ボタン数が6になり、DPIの上限が16000になるなど、機能面がやや抑えられていますが、元がオーバースペックなだけで、十分すぎる性能です。

なお、充電ドックは付属せず、単三電池一本で駆動します。

ZOWIE

画像引用元:Ark Tech and Market News

ゲーミングモニターのイメージが強いZOWIEですが、マウスやマウスパッド分野でも強い存在感を表しています。

特にゲーミングマウスにおいては、ECシリーズとFKシリーズが大人気で、Best Mouse for Gamingでは、シリーズ累計ではあるものの、それぞれ2位と3位につけています。(それらを抑えてトップに君臨する、G PRO Wireless、おそるべし)

現時点では、有線マウスのみの展開なので、個人的には、ワイヤレスマウスの開発に期待しています。

ECシリーズ

EC1-B

形状左右非対称
接続方式有線
センサーPixArt PMW3360
サイズ128×69x43mm
重量94g
DPI400 / 800 / 1600 / 3200
重さクリック感適した持ち方
普通普通かぶせ/つかみ

EC2-B

形状左右非対称
接続方式有線
センサーPixArt PMW3360
サイズ120×64x40mm
重量90g
DPI400 / 800 / 1600 / 3200
重さクリック感適した持ち方
軽い普通かぶせ/つかみ

ECシリーズには、EC1-A/EC2-A/EC1-B/EC2-Bなどがあり、非常にややこしいのですが、ECに続く数字が、サイズ(1=大、2=中)を表し、ハイフンの後に続くアルファベットが、センサー(A=PixArt PMW3310、B=3360)を表しています。

つまり、EC1-Bは、3360センサー搭載の、ECシリーズの大サイズということになります。

なお、数字が大きい3360センサーの方が、新型です。

AかBかで迷ったら、価格も大して変わらないので、3360センサーのBを選び、あとは大きさで1か2を選べば良いでしょう。

画像引用元:ZOWIE

ECシリーズ新モデル

EC1

形状左右非対称
接続方式有線
センサーPixArt PMW3360
サイズ128×69x43mm
重量97g
DPI400 / 800 / 1600 / 3200
重さクリック感適した持ち方
普通普通かぶせ/つかみ

EC2

形状左右非対称
接続方式有線
センサーPixArt PMW3360
サイズ120×64x40mm
重量90g
DPI400 / 800 / 1600 / 3200
重さクリック感適した持ち方
軽い普通かぶせ/つかみ

画像引用元:ZOWIE

こちらはECシリーズの新モデルで、センサーはEC-Bと同じPixArt PMW3360を搭載し、マウスソールはEC-Aと同じ上下二枚になりました。

というのも、センサーが3360にアップグレードされたEC-Bは、マウスソールもEC-Aの上下二枚から、四隅に変更されたのですが、その変更が不評だったのです。

EC1-A

EC1-B

画像引用元:ZOWIE

そこでEC-AとEC-Bのいいとこどりをしてできたのが、EC1/EC2というわけです。

ですが、EC-Bからの目立った変更点はソールくらいで、よほどソールに不満を抱いていた方でなければ、わざわざ買い替える必要はないでしょう。

FKシリーズ

FK1

重さクリック感適した持ち方
軽いやや重いつまみ/つかみ
形状左右対称
接続方式有線
センサーPixArt PMW3310
サイズ128×67x37mm
重量86g
DPI400 / 800 / 1600 / 3200

FK1+

形状左右対称
接続方式有線
センサーPixArt PMW3310
サイズ128×68x38mm
重量91g
DPI400 / 800 / 1600 / 3200
重さクリック感適した持ち方
やや軽いやや重いつまみ/つかみ

FK2

形状左右対称
接続方式有線
センサーPixArt PMW3310
サイズ124×64x36mm
重量81g
DPI400 / 800 / 1600 / 3200
重さクリック感適した持ち方
非常に軽いやや重いつまみ/つかみ

画像引用元:ZOWIE

FKシリーズは、ECシリーズとは違い、センサーはすべて同じPixArt PMW3310を搭載し、サイズだけのバリエーション展開となっていて、FK1+>FK1>FK2の順に大きいです。

ECシリーズが、かぶせ持ちに特化した左右非対称エルゴノミックデザインなのに対し、FKシリーズは、つまみ持ちに特化した左右対称形で、高さが低く、非常に薄い形状が特徴です。

つまみ持ち用マウスとしては、完成形と言っても過言ではないほど、指先での操作感が抜群に良いです。

それだけに、ワイヤレスモデルがないことが悔やまれます。

まとめ

万人におすすめできるマウスはありませんので、とにかくなんでも試すことです。

自分の持ち方がまだ確立していない初心者の方や、どうしても決められないという方は、まずは、かぶせ持ちとつまみ持ちの中間のつかみ持ちに合ったマウスから選んでみると良いかもしれませんね!