コラム

ゲーミングキーボードについて解説!選び方や軸ごとの特徴、おすすめをご紹介します!

適当に選んだキーボードで、ゲームをプレイしていませんか?

技術は一朝一夕では身に付きませんし、センスも必要ですが、デバイスはすぐにでも変えられます。

そして、自分に合ったデバイスを使うことで、スキルの底上げは可能です!

ということで今回は、ゲーミングキーボードの選び方からおすすめまで、できる限り分かりやすく解説しました!

これからゲーミングキーボードを購入される方の参考になれば幸いです!

ゲーミングキーボードとは

ゲーミングキーボードに明確な定義はありませんが、複雑かつ高速のタイピングを要求されるPCゲーム用に特化した、高性能・高機能キーボードと解釈しておけば良いでしょう。

  • 入力速度が速い
  • 入力してからの応答速度が速い
  • 複数キーの同時押しに対応している(Nキーロールオーバー機能)
  • 特定のコマンドを、キーに覚えさせることができる(マクロ機能)
  • やたら光る

ゲーミングキーボードの選び方

キーボードは、マウスに比べると、人によって合う、合わないということはあまりありません。

というのも、マウスのように、人によって持ち方や操作方法に大きな違いがあるということもないですし、本体を動かす必要がないので、重さや接続方式も関係ないからです。

なので、あまり深く考える必要はなく、見た目で選んだとしても、絶望的に使いにくいキーボードに当たることは、そうそうありません。

とはいえ、使ってみたら、打鍵音があまりにうるさかったり、サイズや形によっては、押しにくいキー(特にQやTABなど、薬指で叩くキー)がある場合もありますので、できることなら、実際に触れて確かめた方が良いです。

マウスも同じですが、結局は「しっくりくるか、こないか。」なんですよね。

ゲーミングマウスについて解説!選び方や持ち方別のおすすめをご紹介します!適当に選んだマウスで、ゲームをプレイしていませんか? 技術は一朝一夕では身に付きませんし、センスも必要ですが、デバイスはすぐにでも...

ということで、「しっくりくるキーボード」を選ぶ際に、重要なポイントをご紹介します!

キースイッチ

キーボードは、構造(キースイッチ)の違いによってタイプがいくつかありますが、ゲーミングキーボードに採用されているのは、主に以下の3つです。

  • メンブレン方式・・・シリコンキャップが仕込んであるため、グニャっとした打鍵感。
  • メカニカル方式・・・スプリングが仕込んであるため、反発力があり、確かな打鍵感。軸色によって、打鍵感が異なる。
  • 静電容量無接点方式・・・メカニカル同様、確かな打鍵感。非接触の静電容量スイッチのため、接点部の摩耗によるチャタリングが起きないなど、耐久性に優れる。

この中でも、メカニカル方式が大半を占め、青軸や赤軸といったものが、これにあたります。

メンブレン方式は、安価な製品に用いられ、逆に静電容量無接点方式は、高価で、一部のメーカーしか製造していないため、選択肢も限られます。

軸ごとの特徴

メカニカルキーボードにおいて、~軸と言えば、CHERRY社が製造している、CHERRY MXスイッチのことを指します。

特に、ゲーミングキーボードは、青軸/茶軸/赤軸/銀軸を採用しているものが多いです。

以下に、主なCHERRY MXスイッチの、軸色ごとの特徴を、見ていきましょう!

青軸

クリック感押下圧キーストロークアクチュエーションポイント
あり50g4.0mm2.0mm

タイプライターのような、確かなクリック感と、「カチッ」という高い音が特徴です。

軽快な打ち心地が味わえる一方で、打鍵音が聞き手に不快感を与えることもあるため、ボイスチャットをする方や、配信者の方は注意が必要です。

たまに、対人ゲームのオープンマイクで、青軸特有のカチャカチャ音を垂れ流す方(通称カチャラー)がいらっしゃいますが、犯罪なのでやめましょう。

茶軸

クリック感押下圧キーストロークアクチュエーションポイント
あり45g4.0mm2.0mm

ほど良いクリック感と音を味わえるタンダードなタイプです。

赤軸

クリック感押下圧キーストロークアクチュエーションポイント
なし45g4.0mm2.0mm

クリック感がなく、滑らかで軽い打ち心地で、打鍵音も静かです。

黒軸

クリック感押下圧キーストロークアクチュエーションポイント
なし60g4.0mm2.0mm

赤軸と同様に、クリック感はありませんが、バネ圧が高く、しっかりとした打鍵感が味わえます。

銀軸

クリック感押下圧キーストロークアクチュエーションポイント
なし45g3.4mm1.2mm

銀軸は通称名で、正式名称は、「CHERRY MX SPEED SILVER」と言います。

「SPEED SILVER」の名の通り、アクチュエーションポイントが1.2mmと最も浅く、理論上、全軸中最速の入力が可能となっています。

その他の軸

CHERRY MXスイッチの他にも、ロジクールRazerなどが、独自のスイッチを開発していますが、打鍵感やクリック音など、メカニカルスイッチを比較する際に基準となるのは、CHERRY MXスイッチなので、ひとまずはCHERRY MXスイッチの特徴を押さえておけば大丈夫です。

キー配列

キー配列は、日本語配列と英語配列があります。

日本語配列

英語配列

画像で見比べていただければ、おわかりだと思いますが、日本語配列にはあるキーが、英語配列にはなかったり、同じキーでも形や大きさが違います。

ゲーム用途だけを考えた場合、英語配列の方が、日本語配列よりも優れています。

  • スペースキーが大きくて押しやすい
  • 左Shitキーが大きくて押しやすい
  • 日本語配列ではできないCAPSキーへのコマンド割り当てが、英語配列では可能

など

一方で、そのままでは、普段使いには不便なので、Windowsの設定で、キーボードレイアウトを英語キーボードに変更するなど、各種設定をする必要があります。

サイズ

フルサイズ

一般的な大きさのキーボードです。

 

テンキーレス

テンキーがない分、デスクの省スペース化が可能で、より広いマウスの可動域を確保できます。

特に、ローセンシのFPSプレイヤーにとっては、必須と言っても過言ではありません。

(フルサイズキーボードだと、マウスがキーボードの側面にガンガン当たります・・・)

60%

最近では、Duckyシリーズのように、テンキーだけでなく、カーソルキーやファンクションキーまで省いた、フルサイズ相対比60%の、60%キーボードが人気です。

フルサイズと比較すると、その小ささが一目瞭然ですね。

デスクのスペースの広さは、快適にゲームをプレイする上で、非常に重要なことなので、個人的には、フルサイズよりも、コンパクトキーボードを、強くおすすめします!

ゲーミングキーボードの主要メーカーとおすすめのキーボード

ロジクール

G-PKB-002

キースイッチGX BLUEクリッキー/BROWNタクタイル/REDリニア
キー配列日本語
サイズテンキーレス 361×153×34mm
押下圧50/50/50g
キーストローク3.7/3.7/4.0mm
アクチュエーションポイント2.0/2.0/1.9mm

茶軸のような打鍵感と、「スコスコ」というクリック音が特徴だった、前機G-PKB-001から一転して、G-PKB-002は、青軸のような打鍵感と、クリック音になりました。(デフォルトのGX BLUEクリッキーの場合)

軸に関しては、好みは分かれると思いますが、最大の特徴は、別売りの交換用スイッチと交換できるということです。

しかし、交換用のスイッチは約6千円するので、個人的には、交換機能よりも、はじめから軸ごとにバリエーション展開してくれた方がよかったかなと思います。

Razer

BlackWidow Tournament Edition Chroma V2

キースイッチRAZER グリーン/オレンジ/イエロー
キー配列英語
サイズテンキーレス 366×154×39mm
押下圧50/45/45g
キーストローク4.0/4.0/3.5mm
アクチュエーションポイント1.9/1.9/1.2mm

世界初のゲーミングキーボード、Razer BlackWidowの、最新テンキーレスモデルです。

Razer独自開発の3種類のスイッチから選べ、着脱可能なリストレストが付属します。

Corsair

K65 RAPIDFIRE

キースイッチCHERRY MX SPEED SILVER(銀軸)
キー配列日本語/英語
サイズテンキーレス 355×165×38mm
押下圧
キーストローク
アクチュエーションポイント1.2mm

アクチュエーションポイントが1.2mmと、CHERRY MXスイッチの中では最も浅く、理論上、全軸中最速の入力が可能な銀軸を搭載しており、着脱可能なリストレストが付属します。

日本語配列と英語配列がありますが、英語配列は、ほぼ倍近いお値段となっています。

東プレ

REALFORCE R2 RGB TKL

キースイッチ静電容量無接点方式
キー配列日本語/英語
サイズテンキーレス 369×142x30mm
押下圧45g
キーストローク4mm
アクチュエーションポイント1.5/2.2/3.0mm

静電容量無接点方式キースイッチ採用の、非常に珍しいゲーミングキーボードです。

非接触の静電容量スイッチのため、接点部の摩耗によるチャタリングが起きないなど、耐久性に優れるという特徴があります。

更に、「APC(アクチュエーションポイントチェンジャー)機能」により、Realforceソフトウェア、またはキーボードのショートカットキーで、アクチュエーションポイントを1.5/2.2/3.0mmの3つから変更することができます。

全てのキーを一括で変更することはもちろん、個別でも変更が可能です。

静電容量無接点方式のため、お値段は高めですが、APC機能によってゲームだけでなく、ブログの執筆などでも活躍が期待できます。

Ducky Channel

Ducky One 2 Mini RGB 60%

キースイッチCHERRY MX
キー配列英語
サイズ60% 302×108×40mm
押下圧各軸による
キーストローク各軸による
アクチュエーションポイント各軸による

台湾のメーカーであるDucky Channelは、「Fortnite」で有名なプロゲーマー、「Tfue」さんの使用デバイスということをきっかけに、昨今ものすごい勢いで注目を集めています。

特に、テンキーレスよりもコンパクトで、一般的なフルサイズキーボードの60%サイズである、「60%キーボード」人気の火付け役となった本機は、ゲーミングキーボードとしての性能はもちろん、その圧倒的な小ささと、シンプルでおしゃれなデザインで、たちまち大人気となりました。

実機レビューはこちら

60%サイズでコンパクトなキーボード「Ducky One 2 Mini」レビュー!「Ducky Channel」から発売されている、「Ducky One 2 Mini Pure White RGB 60% versio...

まとめ

キーボードは、マウスに比べると、そこまで神経質になって選ぶ必要はありませんが、できれば実物を触ってから買った方が良いのは間違いありません。

特に、「実際に使ってみたら、打鍵音がうるさすぎた」というのが、よくある失敗なので、青軸などの購入を検討されている方は、注意した方が良いでしょう。