ガジェット

ノイキャンが話題の「AirPods Pro」レビュー!AirPodsとの比較やAndroidとの相性は?

先日、メルカリで購入した「AirPods Pro」が偽物だったということは、前回の記事でお伝えしましたが、今回は本物です!

新型AirPods Proが登場するという噂もある中、今更感がありまくりですが、手持ちのAirPods (第2世代)と比較しながら、AirPods Proのレビューをしていきます!

【悲報】メルカリで購入した「AirPods Pro」が偽物だった件 見分け方や返品方法とは?はい、やられました。 今更ながら、AirPods Proが欲しくなって、メルカリを眺めていたら、定価よりも3000円ほど安く出品さ...

※アイキャッチ(サムネイル)は使いまわしではありません!w

開封

内容物は、以下の通りです。

AirPods Pro

Wireless Charging Case

シリコーン製イヤーチップ(3サイズ)

Lightning – USB-Cケーブル

マニュアル

今回は、Amazonで購入したので、ガチのマジで本物です!w

シリアルナンバーもしっかりと入っています。

外観

ケース

ケースAirPods ProAirPods (第2世代)
サイズ(高さ×幅×厚さ)45.2×60.6×21.7mm53.5×44.3×21.3mm
重量45.6g40g

やや縦長だったAirPodsを横に倒したような、横長のデザインですね。

イヤホン

イヤホンAirPods ProAirPods (第2世代)
サイズ(高さ×幅×厚さ)30.9×21.8×24.0mm40.5×16.5×18.0mm
重量5.4g4g

大きな違いとしては、インナーイヤー型だったAirPodsに対して、AirPods Proはカナル型を採用しています。

「うどん」と揶揄され続けてきたAirPodsに比べて、全長が短くなっているので、「うどん感」はいくらかマシになりましたねw

なお、AirPods Proもマダツボミやらドライヤーやら、これまた酷い言われような模様。

いつの間にかApple製品の新作が出る度に、見た目についての大喜利が開催されるようになってしまいましたが、個人的には、AirPodsとAirPods Proのどちらの見た目も結構好きですよ!

機能

AirPods ProとAirPods (第2世代)の主な機能と、その比較を以下にまとめたので、1つずつ詳しく見ていきましょう!

AirPods ProAirPods (第2世代)
装着部分カスタマイズ可能ワンサイズ
ノイズキャンセリング×
外部音取り込み×
コントロール感圧センサーダブルタップ
耐汗耐水性能×
バッテリー駆動時間
1回の充電による再生時間
最大4.5時間最大5時間
バッテリー駆動時間
充電ケースを使った場合の再生時間
24時間以上24時間以上

イヤーチップ

イヤーチップのサイズはS/M/Lの3種類あり、デフォルトではMサイズが装着されています。

壊れたり紛失したりしても、オンラインストアで購入できるので安心ですね!

サードパーティー製でも良ければ、Amazonなどでも購入できます。

また、iOSだけの機能ですが、イヤーチップ装着状態テストを行うことによって、適切なサイズのイヤーチップを、AirPods Proが選んでくれます。

アクティブノイズキャンセリング

AirPods Proを語る上で外せないのが、この「アクティブノイズキャンセリング」ですよね!

アクティブノイズキャンセリング・・・マイクが検知した外部音に、逆位相の音波を重ねて消音する技術

発売当初から、YouTubeやSNSを中心に、そのノイキャン性能の高さが話題になっていましたね。

その実力はいかほどか、早速試してみました!

装着した瞬間、そこは高度1万メートルの機内です。

これ自分で言うのもなんですが、かなり言い得て妙だと思いますw

飛行機に乗っていると、気圧の変化に伴い、耳が詰まって聞こえにくくなると思いますが、あの状態にかなり近いと思いました。

もちろん、実際に耳が詰まったり、痛くなったりはしませんが、それくらい周囲の音が聞こえにくくなります。(聞こえなくなるわけではない。)

全くの無音になるわけではないので、近くの人の話し声やある程度大きな音は、小さくなるものの聞こえますが、多少の雑音なら完全にカットしてくれます!

音楽を再生すれば、もう完全に自分だけの世界です。

なるほど、こりゃ絶賛されるわけだわ。

外部音取り込み

ノイズキャンセリングをオフにするだけでも、一般的なカナル型イヤホンを装着している状態と同じで、周囲の音はある程度聞こえますが、やはりくぐもって聞こえます。

しかし、外部音取り込みをオンにすると、インナーイヤー型イヤホンのように、周囲の音が開放的に聞こえます。

つまり、カナル型とインナーイヤー型の聞こえ方を、状況に応じて切り替えられるということです。

これもすごいですね・・・!

コントロール

AirPodsは、ダブルタップで音楽の再生や停止などの操作を行いますが、AirPods Proでは、感圧センサーを押して行います。

タップだと、振動が鼓膜に伝わってやや不快だったので、個人的にこの変更はうれしいです。

1回押して再生、一時停止、電話に応答

2回押して次の曲にスキップ

3回押して前の曲にスキップ

長押しでアクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードを切り替え

へこんだ部分が感圧センサー

物理的なボタンではないので、押してもクリック感などはありませんが、クリック音が鳴るので、あたかもボタンを押しているかのような感覚です。

耐汗耐水性能

保護等級はIPX4です。

IPX4=あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない

完全防水とはいきませんが、多少濡れるくらいなら全然問題ありませんね!

バッテリー

イヤホン自体のバッテリーの持ちは、AirPods (第2世代)よりもやや劣るようですが、フル充電されたケース込みなら、24時間以上使用可能なので、十分だと思います。

音質

インナーイヤー型とカナル型の違いもあるので、一概には言えませんが、AirPods(第2世代)よりは向上していると感じました。

個人的には、AirPods Proの音質には十分満足していますが、他のレビュアーさんやYouTuberの方の評価は、あまり芳しくないようですね・・・。

私はオーディオオタクではないので詳しいことは分かりませんが、あくまでも音質にこだわるなら、同価格帯のSONY WF-1000XM3を推す声が多いようです。

AirPodsから買い替えるべき?

買い替えを検討する際のポイント

AirPodsからの買い替えを検討する際は、やはり最大の特徴である、ノイズキャンセリングが必要であるかどうかがポイントになると思います。

カナル型+ノイズキャンセリングの遮音性は非常に強力なので、電車内で音楽を聴いたり、カフェで作業をする時などに最大の効力を発揮します。

一方で、周囲の音を完全に遮断してしまうと危険な場合(ランニング中など)もあるかと思います。

AirPodsのようなインナーイヤー型イヤホンは、適度に周囲の音も聞こえるので、そういった場合や、聞き流す程度に音楽を聴きたい「ながら作業」時に適しています。

もちろん、AirPods Proでも、外部音取り込みをオンにすれば、そういった場合にも対応できるので、上位互換ではありますが、せっかくのノイズキャンセリングを使わずに、外部音取り込みを多用するようなら、AirPods Proである必要はないのかもしれません。

新しく買うならAirPods Pro

「どっちも持ってないけど、新しく買うならどっちがおすすめ?」ということなら、断然AirPods Proをおすすめします!

なぜかというと、先ほども述べましたが、AirPods ProがAirPodsの上位互換であるからです。

価格差が5000円であることを考えても、あえてAirPodsを選ぶ理由はないかと思います。

Androidとの相性

AirPods Proは、iOS用に最適化されているので、Androidでの使用の際は、一部機能が制限されてしまいます。

そこで、iPhoneとAndroidで使用した場合の、機能面での違いをまとめました。

iPhoneAndroid
ノイズキャンセリング
外部音取り込み
ノイズコントロールオフ×
アクティブイコライゼーション
自動耳検出×
イヤーチップ装着状態テスト×
バッテリー表示アプリが必要
操作設定の変更×
アシスタントSiri×
ファームウェアアップデート×

ペアリングは、初回のみ操作が必要ですが、一度ペアリングさせれば、次回以降はiPhoneと同じように、ケースを開けるだけでペアリングできます。

また、ノイズキャンセリング/外部音取り込み/アクティブイコライゼーションなどの、再生に関する機能は、Androidでも問題なく使えます。

ノイズコントロールオフが不可となっていますが、これはノイズキャンセリングと外部音取り込みの切替はできても、オフにすることができないということです。

その他にも、Androidでは使えない機能はあるものの、さほど重要ではありません。

不便を感じるとしたら、ファームウェアアップデートができないことくらいだと思います。

AirPods Proのファームウェアアップデートは、iPhoneやiPadなどのiOSデバイスとペアリングさせることで自動で行いますが、単体で行うことができません。

なので、iOSデバイスをお持ちでない場合は、誰かに借りるか、Apple Storeや家電量販店などでペアリングさせてもらう必要があります。

これはちょっと面倒ですね・・・。

あとは、耳からAirPods Proが離れると自動で停止し、装着すると再生してくれる自動耳検出が使えないことと、Googleアシスタントが呼び出せないので、そこもマイナスポイントかもしれません。

とはいえ、それらの機能が必要ないという方にとっては、iPhoneで使用する場合とほぼ同じ使用感なので、Androidユーザーの方でも十分お使いいただけます!

まとめ

多くの方が絶賛する通り、まさしくProの名に恥じない製品でした。

iPhoneユーザーにとっては、最高のワイヤレスイヤホンであることは間違いないでしょう!

買うつもりのない方にも、ノイキャンだけは試してみてほしいですね!

冒頭でも述べたように、新型AirPods Proが登場するという噂もありますが、ノイズキャンセリングイヤホン一発目でモンスターを生み出してしまったAppleの次回作に、今から期待せずにはいられません!

以上が、「AirPods Pro」のレビューでした!